HOME > お知らせ > 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入事業費補助金がスタートします

お知らせInformation

2016.04.20

住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入事業費補助金がスタートします

「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すとする政策目標が制定されました。

このZEHとは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)でゼロ以下となる住宅のことです。

Microsoft PowerPoint - ZEHロードマップ_日本語_160120.pp

経済産業省は、今年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入事業費補助金」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)を行うことを発表しました。

当社では、従来よりゼロエネルギー住宅のご提案・建築をしてきましたが、この度この事業を有効的に活用し、さらなる住宅性能の向上に努めるとともに、快適な住空間を創造していく為、2020年までのZEH受託率目標を策定し「ZEHビルダー登録」を行います。

この補助事業はZEHビルダーが建築し、一定の条件を満たした住宅に対して補助金が交付されるものです。ZEHをお考えの方は是非当社までお問い合わせ下さい。

ZEH受託率目標

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

我が国の「エネルギー基本計画」における、ZEHの実現を目指すとする目標と

弊社のZEHへの取組みをホームページ・ブログ・パンフレット・チラシ等に掲載します。

完成住宅見学会・構造見学会において、ご来場いただくお客様に対し、ZEHの省エネルギー性・快適性・健康への寄与等、従来の住宅との違いやメリットを分かり易く説明し、周知・普及に努めます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

ZEHを構成する、高性能断熱材・高性能断熱サッシおよびガラス・高効率住宅設備・太陽光発電設備について、ZEH基本仕様を作成し、社内および社外の打合せの効率向上と・施工効率の向上を図るとともに、仕入れコストの削減を行い、ZEHのコストダウンを行います。

その他の取組み等

ZEHまたはこれに関連した講習会・セミナー等に積極的に参加し、情報の収集を行うとともに、工法や設備性能について、社内での勉強会や取引先専門業者との勉強会を開催し、知識・技術の向上を図ります。

また積雪地域での太陽光発電設備についての実績を活かし、積雪地域での再生可能エネルギーシステムの導入を促進します。